AGA治療の効果と評判、自毛植毛体験談など薄毛を解決するための方法を公開!

AGA治療最前線!自毛植毛経験者による薄毛解決ナビ

プロペシアはジェネリック品で大丈夫?

読了までの目安時間:約 4分

 

プロペシア正規品

 

プロペシアの正規品は、クリニックや病院で処方してもらうと7,000~1万円かかります。ちなみにプロペシアには0.2mgと1mgがありますが、ほとんど値段的に変わりません。

 

 

AGA治療は自由診療のため、処方される薬もクリニックによって値段が多少違ってきます。

 

スポンサードリンク


 

また、多くのクリニックでは初診料として3,000~5,000円、薬を飲んでも大丈夫かどうか検査するため血液検査を行います。なお、血液検査の費用は初診料に含まれていることが多く、初めて来院する方は必ず受ける必要があります。

 

 

AGAクリニックの中でも、一番安いところはAGAルネッサンスクリニックで、2か月以内の血液検査結果を持参すれば血液検査の必要はありません。初回限定で4,200円、2回目以降は6,500円と低価格に設定されています。

 

 

クリニックによっては、プロペシア単体での処方は行っておらず、ミノキシジルやその他の薬とセットでしか処方しないクリニックもあるので注意が必要です。

 

 

 

ジェネリックのプロペシア

 

一方、プロペシアのジェネリックはどうでしょう?ジェネリックとは成分が同じで、開発したのとは違う製薬会社が製造した薬のことを指します。

 

 

プロペシアもジェネリック品は出回っていて、値段も正規品に比べるとかなり安く手に入れることができます。

 

 

クリニックでもジェネリックは処方されますが、相場は6,000円前後といったところです。プロペシアのジェネリックは、個人輸入で手に入れることができます。例えばこちら。

>>>フィナロイド

 

プロペシアジェネリックのフィナロイドは、国内承認のAGA治療薬のプロペシアと同成分の成分が入っています。価格は1箱30錠で1923円と正規品に比べておよそ1/3以下です。100錠でも3000円以下なので、めちゃめちゃコスパがいいですね。
 

個人輸入の場合は、クリニックで処方してもらうのと違い、血液検査や初診料がかかりません。ただし、万が一副作用などがあっても自己責任となります。

 

 

 

次にミノキシジルのジェネリック商品です。こちらは2.5~10mgまで3種類あります。いずれも100錠で3000円程度の購入することができます。

>>>ミノキシジルタブレット

 
あまりにも安いと大丈夫なのか?と不安になるかもしれませんね。このジェネリック品を製造している会社はインドにある製薬会社ですが、下記の記事で詳しく解説しています。

プロペシアのジェネリック品を製造しているシプラ社とは?

 

 

 

 

 

 


 

タグ :   

AGA治療薬   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: