ポストフィナステリド症候群

AGA治療最前線!自毛植毛経験者による薄毛解決ナビ

AGA治療の副作用について

読了までの目安時間:約 8分

 

 

AGA治療薬でよく言われるのが、副作用についてです。

 

性欲減退

勃起機能低下

精子減少

肝機能障害

 

これらはプロペシアを一定期間服用した方々から出た副作用です。

 

ただし、実験の内容はプロペシアを飲んだグループと、プラセボ(偽薬)を飲んだグループに分けて行ったのですが、いすれも発症率は同じだったということです。

 

そのため、この副作用が本当にプロペシアによるものなのかということは断言できません。

 

また、プロペシアは男性ホルモンの生殖機能に影響を与える成分ではないことから、疑問視する声があることも事実です。

 

 

 

 

ネット上の噂は本当なのか?

ネット上ではプロペシアに関して、いろんな意見が飛び交っています。

 

危険、いや安全だ、といった意見が分かれています。

 

先ほどの実験で副作用が出たという人は、全体のわずか数%の人達だったということです。

 

 

 

 

ポストフィナステリド症候群とは?

最近では、プロペシアの服用を中止しても副作用の影響が続く、といったケースが報告されています。それが「ポストフィナステリド症候群」と呼ばれているそうです。

 

その根拠は、デュタステリドをマウスに8週間投与し続けた結果、勃起機能障害が服用中止後も完全に回復しなかったというものです。

 

論文はこちら↓

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22568670

 

ただし、投与量が0.5mg/1日ということで、マウスの体重の比率からするとかなりの量で、これを人間に当てはめると相当大量に服用したことになります。

 

この結果から考えると、本当に副作用があるかどうかの判断はできないと考えられます。

 

 

もう一つの例として、21~46歳の男性71人に対してフィナステリドの服用前後の性的障害について、インタビュー形式でスコア化を行った論文もあります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21418145

 

この実験は、28か月間服用した後、インタビューするまでの期間が平均40か月だったそうです。つまり、3年以上経過してからインタビューしたというものです。

 

結果は、94%が性欲低下、92%が勃起不全と性的興奮の低下、69%でオーガズムの異常を感じているという結果でした。

 

ただし、このインタビューにはいくつかの疑問点があります。それは、3年以上経過しているということは、加齢による性欲減退の可能性があるということです。

 

また、どのようにインタビューしたかにもよりますが、インタビュアーがネガティブな感じで問いかけたとすると、それに応えてネガティブな回答になった、ということも考えられます。

 

いずれにしても、科学的にフィナステリドが副作用の原因である、と結論付けられたわけではありません。

 

一定の人たちが証言している以上、可能性は0ではないということです。

 

 

 

 

どれくらいの確率で副作用はあるの?

プロペシア服用による副作用の発症率は5%程度といわれています。ただし、これも正確に検証したわけではありません。

 

そして、ポストフィナステリド症候群になると思われる人は、さらにその5%の中の数%です。なので、確率的にはかなり低いと考えられます。

 

ネット上では、この事実を述べずに、とにかく危険だ!危険だから副作用がない育毛剤の方がいい!と断言しているサイトさえあります。

 

薬である以上可能性は0ではありません。しかし、薬は肝臓で代謝されますが、肝臓自体が弱っている場合は、必然的に何らかの影響があるかもしれません。

 

アルコールも肝臓で代謝されるので、毎日アルコールを飲んでいる人は副作用が出やすいかもしれません。ただ、この辺りは実験されてないので何とも言えませんが何でもかんでもプロペシアが原因、というのはいかがなものか、という感じがします。

 

いずれにしても、確率的にみれば、かなり低い確率だということです。

 

 

 

 

ヤフー知恵袋の書き込みの信ぴょう性

ヤフー知恵袋にも、ポストフィナステリド症候群についての質問がいくつか掲載されています。

 

例えばこちら↓

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10114925115

 

かなり丁寧に答えているアンサーがいますが、どうしても自作自演に見えてしまいます。

 

というのも、11時15分に質問が掲載され、同日の13時21分に回答しています。しかも、回答した文章の文字数は4,000文字を超えています。

 

現実的に考えて、たったの2時間後にこれだけの文字数の回答ができるでしょうか?

 

しかも、アンサーの結論は「低出力育毛器」の紹介です。

 

結局、このアンサーは「低出力育毛器」を販売している業者のようでした。

 

どう考えても自作自演で、プロペシアの危険性を煽って「低出力育毛器」を販売したい、という意図が見え見えです。

 

このように、ネット上にはプロペシアを利用して自分のビジネスにつなげようとする輩が多数います。

 

ぜひ、騙されないようにしたいものですね。

 

ちなみに、私は4年以上にわたってプロペシアとミノキシジルのジェネリックを服用していますが、まったく副作用などは起きていません。

 
フィナロイド(プロペシアジェネリック)購入レビュー
 

 


 

タグ : 

AGA治療について AGAの基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: