AGA治療の種類

AGA治療最前線!自毛植毛経験者による薄毛解決ナビ

AGA治療の種類

読了までの目安時間:約 5分

 

AGA治療は、主にAGAクリニックで治療するか、あるいは個人輸入で治療薬を入手するかです。

 

それぞれメリットとデメリットがありますが、ここでは2つを比較してみました。

 

 

AGA専門クリニック検査 個人輸入
検査  血液検査、マイクロスコープによる視診  なし
診察  1か月に1回の定期検診  なし
費用  15,000~30,000円程度  2,000~3,000円程度
効果  専門的な検査の元処方されるため一定の治療効果あり  個人の判断にゆだねられるため効果がない可能性もある
メリット  医師の診断の元治療ができるので安心感がある  料金がとにかく安い
デメリット  費用が高い  万が一副作用などがあったり偽物を購入した場合でも自己責任

 

このようにそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

 

AGA専門クリニックは、医師による検査をしてもらえるため、安心して処方してもらうことができます。一方、個人輸入は医師の検査などはなく、注文すれば1週間ほどで手元に届きます。

 

 

 

AGA専門クリニックのメリット

AGAクリニックでは、まず無料カウンセリングで頭皮の状態を調べてもらうことができます。そして病状がAGAなのか、それとも別の原因なのかはっきりとわかります。

 

 

もし、治療するとなれば、今度は血液検査を行い、治療薬を投与しても大丈夫かどうか調べてもらえます。検査の結果が問題なければ、その時点で初めて治療が始まります。

 

 

治療は基本的にプロペシアとミノキシジル、それに栄養サプリメントなどが処方されます。1か月分づつ処方されるため、毎月定期的に通院することになります。

 

 

面倒だと思われるかもしれませんが、毎月通院することによって頭皮の状態を逐一確認してもらうことができるので、安心感があります。

 

 

 

個人輸入のメリット

個人輸入でプロペシアやミノキシジルを入手する最大のメリットは、なんといっても安く購入できることです。

 

 

通常、AGAクリニックでは月々15,000~30,000円程度かかりますが、個人輸入のジェネリック品であれば、2,000~3,000円程度で済みます。

 

 

この程度なら、いくら家計が厳しくても何とか継続できるレベルではないでしょうか。もちろん、逆にデメリットもあります。

 

 

しかし、現在AGAに悩む多くの人が、リスクがありながら個人輸入で入手しているケースが増えています。あくまで何が会っても自己責任という点は覚えておいた方がいいでしょう。

 

 

 

その他

上記以外では、市販されている育毛剤や育毛サプリメントで治療するという方法があります。おそらく育毛をしている方で最も多いケースが、この方法ではないかと思われます。

 

 

しかし、市販されている育毛剤やサプリメントは、医薬品ではありません。したがって医薬品以上に効果があるということはまずないといっていいでしょう。

 

 

ただし、医薬部外品という位置づけで、医薬品ほどの効果はないものの現状維持、あるいは緩やかに効いてくる、といったことは期待できると考えられます。

 

 

また、自然由来の成分なので、副作用の心配がないため、AGA治療薬に不安がある方は育毛剤や育毛サプリメントから始めてみる、というのは1つの方法です。

 

 

AGAの症状は、人それぞれ違います。AGA初期の人、末期症状の人など。また、どれだけ育毛にお金をかけられるかによっても治療方法は変わってきます。

 

 

自分が納得できる方法を選択するのが一番です。

 


 

タグ :

AGAの基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: