増毛と植毛の違い、それぞれのメリットデメリットを解説

AGA治療最前線!自毛植毛経験者による薄毛解決ナビ

増毛と植毛の違いとメリットデメリット

読了までの目安時間:約 3分

 

増毛とは?

 

増毛とは、人工毛髪を既存の髪の毛に結びつけて髪の毛のボリュームを増やすことです。

 

透明の糸で結びつけるので、外見上はまったくわかりません。

ただ、自分の髪の毛ではないので、元の髪の毛が伸びてきたら調整する必要があります。

なので、メインテナンスが1か月に1回程度必要になります。

 

また、薄毛に悩んでいる人は経験があると思いますが、髪の毛はだんだん細く弱々しくなってきます。

なので、永遠に増毛というわけにもいかないでしょう。

 

増毛の最大のメリットは、すぐに髪の毛のボリュームを増やすことができる、思い通りのヘアスタイルにすることができることです。

 

デメリットは、既存の髪の毛に結びつけるため、定期的にメンテナンスが必要となり費用がかさむことです。

 

 

 

植毛とは?

 

植毛には自毛と人工毛があります。しかし、人工毛は頭皮を痛めるため現在はほとんど利用されていません。

 

植毛といえば自毛植毛が現在では主流です。自分の髪の毛の濃い部分、つまり後頭部や側頭部の禿げにくい生命力の強い毛根をM字や頭頂部の薄い部分に移植します。

 

自分の髪の毛なので拒絶反応もなく定着率がいいので、ずっと生え続けるというわけです。

ちなみに、後頭部や側頭部は毛根の数も多く、伸ばせばほぼわからないので2000株程度なら植毛しても問題はないでしょう。

 

植毛の最大のメリットは、自分の髪の毛が半永久的に生えてくることです。デメリットは費用が高額、生えそろうまで時間がかかることです。

 

ただし、費用に関しては長い目で見れば増毛をメンテナンスし続けるよりもかなり安くなるはずです。

 

管理人の自毛植毛体験談はこちら

 

 

 


 

タグ :   

増毛と植毛の違いとは?   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: