AGA治療の効果と評判、自毛植毛体験談など薄毛を解決するための方法を公開!

AGA治療最前線!自毛植毛経験者による薄毛解決ナビ

自毛植毛と増毛の違いとは?それぞれのメリットとデメリット

読了までの目安時間:約 4分

 

20160316

 

自毛植毛と増毛の違いはわかりますか?

 

 

自毛植毛は文字通り自分の髪の毛を移植することですが、増毛は自分の髪の毛ではなく、人工毛を既存の髪の毛に結びつける、あるいは頭部にネットを敷いて人工毛を植え付けることです。

 

自毛植毛のメリットとデメリット

 

自毛植毛のメリットはなんといっても自分の髪の毛が生えてくることでしょう。今まで薄毛だった部分に自分の髪の毛が生えてくるのですから、この喜びは計り知れません。

 

 

私は自毛植毛してから1年くらいで実感することができました。もちろん3年経った今でも問題なく生え続けています。自毛植毛をして後悔は一度もしたことがありません。

 

 

デメリットは、やはり金額が高いということでしょうか。1回の手術で最低でも100万円単位でお金がかかります。

 

 

ただ、薄毛の治療をするなら、どんな治療法でも継続したら100万円は普通にかかるでしょう。いや、100万円以上かかるケースのほうが多いのではないでしょうか。

 

 

そう考えると自毛植毛は最初は費用が掛かりますが、その後のメンテナンスなどは必要ないので、長い目で見たら他の治療法より安いといえるでしょう。

 

 

もう一つのデメリットとしては、生えそろうまで時間がかかり、その過程で抜け落ちる(ショックロス)ことがある、ということです。

 

 

周囲にバレないようにするのに少々てこずるかもしれません。それを乗り越えれば天国が待っているんですがね(笑

 

 

 

増毛のメリットとデメリット

 

増毛は一瞬にしてふさふさの髪の毛にすることができます。髪の毛の量も自由度が高く、ある程度思い通りのヘアスタイルにすることができます。

 

 

自毛植毛の場合は手術なので、術後は痛みやかさぶたができたり、かゆくなったりしますが、増毛はそのようなことはありません。

 

 

しかし、デメリットもそれなりにあります。

 

 

まず、既存の髪の毛は治療しなければいずれ禿げていきます。AGAであれば進行するので、いつまでも既存毛に人工毛を括り付けることはできません。

 

 

また、既存の髪の毛は伸びるので、そこに結びつけた人工毛を調整するために定期的にメンテナンスが必要です。もちろんその都度費用もかかります。

 

 

何年も続けたら、当然ですが100万円以上は軽くかかるでしょう。

 

 

まとめ

 

自毛植毛のメリット

自分の髪の毛が半永久的に生えてくる

 

自毛植毛のデメリット

一度に多額の費用がかかる

 

自毛植毛に関する無料カウンセリングはこちら

 

 

 

増毛のメリット

一瞬にしてふさふさの髪の毛にすることができる

 

増毛のデメリット

定期的なメンテナンスが必要

長く続けると費用がかさむ

 

増毛無料体験はこちら

 

 

 

 


 

タグ :   

増毛と植毛の違いとは?   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: